記事一覧

手紙

春蘭の揺れさうな葉の文箱かな

この間書いた人形を探していた天袋から、
???な物が現れた。
欅の木らしい、と後で知った文箱。

今、わたしが欲しいと思っていたもの。
使おうか止そうか・・・
父の物だった。それはいいのだけれど、
入っていたものが、わたしを躊躇わす。
疲れるのよね、こういうの。



hubako_1.jpg




コメント

はて?

何が入っていたのでしょうか?興味津々です。サギソウが優しげですね。

こんにちは。

がっしりした文箱ですね。
しかも彫りの技は一級品と見ました。

中は・・・
そうですね^^;

私も加賀塗りの古い文箱を見つけました。
知らなかった祖父母の一端が窺えて、
驚いたものです。

02さま

お久しぶり♪

サギソウ・・・なのかもね。

中身は、まだしばらく内緒です。
LOVE LETTERではないです!

NANTEIさま

>しかも彫りの技は一級品と見ました。

あら、そうなのですか!嬉しいです。

加賀塗りとは!優雅な物なのでしょうね。
しかも、お祖父様・お祖母様の・・・もしかして、LOVE LETTERでしょうか、などと想像致します。

コメントの投稿

非公開コメント