記事一覧

三月三日

薬玉の色浮びくる雛の灯

ここ岡崎だけかもしれないという雛祭のお菓子。
伊賀まんじゅうを、買って来た。
越して来た翌年に初めて見た時は、
何だろう?と、見ていただけ。
当時はお米の色も濃くて、ちょっと食べる気にはならなかった。
三歳になる前の男の子の母だったから、とも思う。

今では、この日に買いたくなる可愛い和菓子。


iga_man.jpg

今年はなぜか、わたしのお雛様が懐かしく、
古い写真を撮ってみた。
そう、わたしの初節句・・・何十年もむかし。
今、持っているのは市松人形だけ。



hinasama.jpg




コメント

No title

岡崎で伊賀とは^^?
でも美しい饅頭ですね。

それよりも、なんと格調高い雛飾りでしょう!
今、眼に出来ないのが残念でしょう。

市松人形の髪の毛、少しずつ伸びてませんか^^。

雨の一日

春雨の風情はない雨でした。
ランチタイムの会合で、鰤しゃぶの若布が美味しかったです。
その席で、「いが饅頭」が正しいと教えてもらいました。
伊賀八幡社もあるし、伊賀町もあるので、
私は勝手に決めていたようです。
可愛いお菓子です。
お雛様は、飾るのは楽しく、片付けが大変でしたから、
実家に置いたまま、どうなったのでしょう。
京雛でしたが・・・
市松人形の名は子供の時に、桃子チャンと付けました。
まだ黒髪、です。

No title

立派なお雛さん 格調高いですね!
いちまさん ひな祭りの時は参加してましたね。
わたしのいちまさん どこに行ったのかしらん・・・

おはよう!

ふみ子さま!
ようこそ!
そう、いちまさん、でしたよねぇ。
わたしは、男の子だけなので、いつだったかしら、
母に頼んで、このいちまさんだけを送ってもらったのでした。

コメントの投稿

非公開コメント