FC2ブログ

記事一覧

「枝垂れの桜」

わたくしの本です「枝垂れの桜」といふ昨年の十一月に生れたのです。そして今日が結社「ににん」の出版記念の祝賀会でした。わたしが生まれて初めての!詳しくは、このブログをごらんください。今まで、インターネットに20年以上もの間。いろいろ書きながらも、わたしはいつもYukukoでした。年齢設定はスタート時にマイナス15以上と決めていましたから。今日はYukukoではなく、同前悠久子で。...

続きを読む

三年ぶりの東京

四年に近いのかもしれない。この前の東京へは、2014年の12月だった。小曽根真のコンサートへ行こうと、主人が言い出して、あるカード会社経由で良い席を予約したのはわたし。会場への利便性を考えて、ホテルを選んでくれたのは長男。細かく気配りをしてくれたのは次男。特に次男は、もしかしたら・・・と思っていたのかもしれない。「岡崎ジャズ・ストリート」に、もう一度小曽根さんをと話していた。コンサートは楽しかった。ラス...

続きを読む

22日になってから

こんな時間に。でも、なんとも嬉しくて書きたい。真夜中に読んだから、嬉しさも大きいような気持である。「日本一行詩大賞」わたしは今年初めて知ったのである。わたしが属している同人誌「ににん」の主宰受賞。その様子がここに。俳句の魅力を、大きく感じている今年。今になって、わたしは俳都と呼ばれる愛媛の、南の海辺で生れたことを幸せだと思う。...

続きを読む

八月末日

切花を挿すこともなし八月は梅雨らしくなかった梅雨に、遅れて咲いた紫陽花を活けてから・・・梔子とか南天などの葉ばかりを挿していた。そのグリーン達が、玄関の棚では実によく育つ。今日、この花を撮ったのは、造花と知りながら、生花みたいと思ったから。まるで秋草のよう。...

続きを読む

颱風を石鎚山は遮ると松山の友達に電話した。やはり台風の影響が気になったから。「そうでもないのよ」の言葉はわたしの予想通りかも。石鎚山は大きな頼もしい山脈だと、そう、子供の時から思っていたから。...

続きを読む