FC2ブログ

記事一覧

岡崎ジャズ・ストリート

紅葉の午後のホールもラテンも好き二日目の午後は第一会場の葵丘ホールへ。一人でふら~というのが嬉しい。何年振りかの田中裕士さんのピアノ。気が付けば、ドラムはなんと黒田和良さん!楽しい午後は、それからもスタンダードへ続いて…...

続きを読む

俳誌 「ににん」 夏号(2018)より

「岡崎花火」   天守閣を攻むるか守るか大花火   打上げて花火炸裂歓声も   七色に続く躍動花火の宴   高気温を下ぐるや花火のナイアガラ   一品は覚えてゐさう花火弁当...

続きを読む

俳誌 「ににん」 夏号(2018)より

「緋塗函」-模様-   昭和初期の半襟刺繍は桔梗模様   母のもの緋塗函にも菊模様   秋草の模様手に載す油壷   珈琲茶碗モリスの模様に桃の実も   秋桜はデジタル撮影初模様...

続きを読む

「枝垂れの桜」

わたくしの本です「枝垂れの桜」といふ昨年の十一月に生れたのです。そして今日が結社「ににん」の出版記念の祝賀会でした。わたしが生まれて初めての!詳しくは、このブログをごらんください。今まで、インターネットに20年以上もの間。いろいろ書きながらも、わたしはいつもYukukoでした。年齢設定はスタート時にマイナス15以上と決めていましたから。今日はYukukoではなく、同前悠久子で。...

続きを読む

三年ぶりの東京

四年に近いのかもしれない。この前の東京へは、2014年の12月だった。小曽根真のコンサートへ行こうと、主人が言い出して、あるカード会社経由で良い席を予約したのはわたし。会場への利便性を考えて、ホテルを選んでくれたのは長男。細かく気配りをしてくれたのは次男。特に次男は、もしかしたら・・・と思っていたのかもしれない。「岡崎ジャズ・ストリート」に、もう一度小曽根さんをと話していた。コンサートは楽しかった。ラス...

続きを読む